学術集会のご案内

第11回スポーツメディスンフォーラム
  • ■ テーマ
  • 「2020東京オリンピック・パラリンピックイヤーに私達が再考すべき事」
  • ■ 会 期
  • 2020年3月8日(日) 10:00-17:50
  • ■ 会 場
  • 昭和大学上條記念館
    〒142-0064 東京都品川区旗の台1-1-20
  • ■ 当番世話人
  • 西中 直也(昭和大学スポーツ運動科学研究所)
  • ■ 参加費
事前参加登録は不要です。
当日直接会場へお越し下さい。
医療関係者 5,000 円
学生 1,000 円
第11回スポーツメディスンフォーラム

 

■ 単位について(予定)

  1. 1. 日本整形外科学会(専門医、スポーツ医)資格継続単位(受講料:1,000円)
  2. 2. 日本スポーツ協会公認スポーツドクター資格更新義務研修会
  3. 3. 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー義務研修会
  4. 4. 健康運動指導士・健康運動実践指導者登録更新講習会

 

■ プログラム

シンポジウム午前の部

◆“アスリートを総合的に診よう” [10:00~12:00]

スポーツ内科部門:

礒  良崇(昭和大学スポーツ運動科学研究所)
松山 高明(昭和大学法医学)
清原 康介(大妻女子大学家政学部)

スポーツ歯科部門:

船登 雅彦(昭和大学スポーツ運動科学研究所)
中島 一憲(東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室)
鈴木 浩司(日本大学松戸歯学部口腔健康科学講座顎口腔機能治療学分野)

スポーツ栄養部門:

安部 聡子(昭和大学スポーツ運動科学研究所)
元永 恵子(国立スポーツ科学センター スポーツ研究部) 
宮下 政司(早稲田大学スポーツ科学学術院)

◆ランチョン講演 [12:10~13:00]

運動部活動改革の今

中小路 徹(朝日新聞社編集委員 ブラック部活著者)

▲プログラムメニューへ

シンポジウム午後の部

◆“2020 オリパラアスリートを如何にサポートすべきか?我々の優れた点と課題点”
[13:10~16:40]

高木  博(サッカー日本代表チームドクター:昭和大学藤が丘病院 整形外科)
富田 一誠(野球日本代表チームドクター:昭和大学江東豊洲病院 整形外科)
藤田 耕司(女子バレー日本代表チームドクター:千葉メディアカルセンター スポーツ医学センター)
三谷 玄弥(テニス日本代表チームドクター:東海大学医学部付属大磯病院 整形外科)
紙谷  武(柔道日本代表チームドクター:JCHO東京新宿メディカルセンター 整形外科)
金岡 恒治(水泳日本代表チームドクター:早稲田大学スポーツ科学学術院)

◆特別講演 [16:50~17:50]

佐々木 則夫 (サッカー日本女子代表前監督)
聞き手: 山藤 賢(東京都サッカー協会医学委員長、元サッカー日本女代表チームドクター)

▲プログラムメニューへ

【第11回スポーツメディスンフォーラム事務局】
一般社団法人 会議支援センター
〒104-0041
東京都中央区新富1-8-6 SSビル3階
Tel:03-6222-9871
Fax:03-6222-9875

■ 協賛:
   アルケア㈱
   日本シグマックス㈱

ページトップ

スポーツメディスンフォーラム